本文へ

測量UAV「Winser」と点群編集ツール「Wing Earth」の”i-Construction”対応ラインナップ

【3次元測量からはじまる、i-Construction】

三次元測量をサポート

国土交通省が2016年度より導入を表明した新たな建設生産システム「i-Construction」。i-Constructionが拓く新しいイノベーション。UAV(ドローン)を活用した3D測量や3Dデータを活用したICT建機のよる土工など建設現場の生産性向上に向けて大きく変わる施工管理にお応えします。

i-Construction

■測量UAV「Winser(ウインザ)」

空中写真測量・計測に特化した測量モデルの最新UAV(ドローン)

国内有数の開発力を誇るプロドローンによるハイスペック6枚羽機をベースに安定した飛行を実現。
「自動飛行」「自動帰還」等の高度フライトコントロール機能を実装した自律型UAVを採用しています。

測量UAV・最新のフライトコントローラー「A3」
・高解像度一眼レフカメラを標準搭載
・高密度3Dレーザースキャナ搭載モデルもご用意
・ホバリング精度を高める「D-RTK」を搭載可能

 

 

 

>>測量UAV「Winser(ウインザ)」の詳細(Winser商品サイトに移動します)

 

>>レーザースキャナ塔載UAV「Winser-CV」の飛行(動画を見る)

■3Dレーザースキャナ「Leica ScanStation P40」

過酷な現場に対応するハイエンドな3Dレーザースキャナ

3Dレーザースキャナ100万点/秒という飛躍的にアップしたスキャンスピードで低反射率でも高い収集のうりょくを発揮し、また長距離計測が可能で高い汎用性を発揮します。計測距離、計測時間、データクオリティに優れ、3Dレーザースキャニングは必要とされるどのような現場でも理想的なソリューションです。

  • 計測範囲 最長270m
  • 内蔵カメラ搭載
  • レーザークラス1 (IEC60825:2014)

 

点群処理ならお任せを!

Wing Earth

■大規模3次元点群高速編集ルール Wing Earth

100億点Overの大容量点群処理を快適。圧倒的な速さ!

Wing Earthは、アイサンテクノロジーが長年培ってきた高精度測位技術のノウハウを活用した「精密3次元空間データ」生産ツールです。
新開発の3次元点群処理を自動物体認識、エッジ抽出機能(特許出願中)を搭載、世界トップクラスの点群処理機能を実現しました。

Wing Earth新開発の高速表示エンジン搭載による100億点を超える大規模3次元点群の読み込みを実現!分かりやすい快適なオペレーションと独自の点群処理技術の搭載により圧倒的な生産性向上に。

モービルマッピングシステム(MMS)を取り扱ってきたアイサンテクノロジーならではの3次元点群処理の独自ノウハウにより生まれた「WingEarth」は、UAV、MMS、固定式レーザースキャナーなどの各種3次元計測機器で得られるデータに対応し、従来煩雑で時間を要していた点群処理作業を、簡単に、かつ短時間に行える技術を多数搭載しています。

 

>>大規模点群高速編集ツール「Wing Earth」を更に詳しく見る

 

 

お問い合わせ 総合受付窓口TELナビダイヤル0570064457